与一のメモ?

Permalink
Permalink

2chまとめBlogに面白い記事がありました。

スレタイは「女に隠している男の本音を全部バラしていくスレ」

非常に面白かったので、以下にさっくり転載

大抵の男は

  • 電車で隣で居眠りしてる女が自分の肩に頭を乗っけてくるととても嬉しい
  • 女友達にも欲情する
  • 化粧後がいくらかわいかろうがスッピンがブスだったらそいつはブスと認定する
  • 結婚は『したい』のではなく『しなきゃいけない』と思っている
  • 駆け引きしてくる女が大嫌いである
  • 風俗に行くと大概あ~行くんじゃなかったと思う
  • sexする直前に最も興奮し、sexしている最中にはすでに飽きている
  • 三十路過ぎてる女に「女の年齢当てようと思ったらどこから判断する?」って聞かれると「話す内容が大人っぽいかどうかですかね」とか答えるがリアルな答え言うと「肌の質感」である。
  • 二十歳を超えると性欲がガクッと落ちる
  • ただし「32歳人妻」だけは例外として好きである
  • デートの昼飯はよしぎゅーもしくはマックで充分と考える。パスタとか腹の足しにもなんねー!
  • 自分は浮気するが彼女の浮気は許さない
  • 気になる女の子以外の女は非常にめんどくさい
  • 女が想像してるよりもHしたい女のハードルはかなり低いが彼女にしたい女のハードルはかなり高い
  • ギャル系みたいな強気でヤンキー気質な女を更に上から言う事聞かせるのが好きだが別に付き合いたくはない
  • 女の爪にお絵かきしてあっても何も思わない
  • 世界に男か女かしかいないから女を狙ってるがもう一個ぐらい選択肢があったら多分女には見向きもしない
  • 普通の子で良いんだよ、というか普通の子がいい
  • 案外痩せてるより、少し肉つきが良い女のほうが好き。
  • 飲み会の席で料理を取り分けたりとかのできる女アピールは激しくうざいアンアンとかに載ってるのはことごとくはずれ
  • 「女の子が合コンで頼むドリンクは味より見た目の可愛さが命!カシスオレンジやマリブピーチは代表的ね!」みたいなマニュアルをバッカじゃねぇの好きなもん頼めよと思っている
  • 女をパッと見でセックスできるかどうかの判断を無意識で瞬時にしている。セックスできるかどうかの判断基準は自分の好みや性的嗜好はもちろんお互いの立場まで考慮している。女を見るたびに無意識に毎回その判断がなされている

大体同意です。

    Permalink
    Permalink

    実は、いま企業が求める「コミュニケーション能力」は、完全にダブルバインド(二重拘束)の状態にあります。ダブルバインドとは、簡単に言えば二つの矛盾したコマンドが強制されている状態のことです。

    たとえば日ごろ、「我が社は、社員の自主性を重んじる」と言われている社員が、何かの案件について上司に相談に行くと、「そんなことも自分で判断できんのか。いちいち相談にくるな」と突き放されてしまいます。ところが、いったんトラブルが起こると「重要な案件は何でもきちんと相談しろ。なんで相談しなかったんだ」と上司に怒られてしまう――。

    現在、表向き、企業が要求するコミュニケーション能力とは、「グローバル・コミュニケーション・スキル」=「異文化理解能力」です。異なる文化・価値観を持った人に対しても、きちんと自分の主張を伝えることができる、文化的な背景の違う人の意見も、その背景(コンテクスト)を理解し、時間をかけて説得し、妥協点を見いだし、そのような能力を以てグローバルな経済環境でも存分に力を発揮できることです。

    しかし、実は日本の企業は、自分たちも気がつかないうちに、もうひとつのコミュニケーション能力を求めています。それは、「上司の意図を察して機敏に行動する」「会議の空気を読んで反対意見はいわない」「輪を乱さない」といった従来型のコミュニケーション能力です。

    いま、就活をしている学生たちは、あきらかに二つの矛盾したコミュニケーション能力を同時に要求されています。しかも、何より始末に悪いのは、要求している側が、その矛盾に気がついていない点です。

    Permalink

    みんなには内緒だが、うちの会社は週休三日制を敷いている。

    土日プラス平日にひとつ休みを取る。

    この制度の主目的は、「社会的にエース級の戦力だけど、激務に潰されて心を壊してしまったひと」や、「一騎当千だが、結婚出産などで会社との折り合いにストレスを感じている人」の居場所を作れたらいいなという自分含めたラッセル怠惰への讃歌読書会メンバーで構成された経営陣によるものだ。

    うちみたいなベンチャーは、そういうところを工夫しないと人材の囲い込み戦略で負けてしまうし。みたいなささやかな裏目的もある。こんな工夫だけで意外とやばい人材が集まる。

    という話を、こっそり知り合いにすることがある。すると決まってこう言われる。

    「週三日休みって生産性はどうなるのさ?」とか「平日休みと抜けられない打ち合わせが被ったらどうするの?」とかそういうものだ。

    だいたいは、そこが問題なんですよねと軽く切り返した後に早くもストーブを出した話とか、ヒトカラで黙々と精密採点DXをやる楽しい休日の話にスライドするのだが、実は回答はある。

    ・週休三日と生産性の両立問題

    通常二十営業日/月でこなす仕事を十六営業日でクリア出来ない人材はそもそも採用していないので、問題はない。ほとんどのメンバーは十営業日未満でクリアしている。

    ・打ち合わせや、電話対応と平日休みの被り問題

    まず、自分しか仕事内容が分からない状態が発生した時点で、チームワークの著しい欠如と見做して評価が下がる方針がある。どんな職務内容でも、仕事のメールであれば自分以外の誰ひとりにも見られたくないメールなど有り得ない。

    うちの会社に限らず、自分が急死しても仕事が止まらない体制を志向していない人材は論外だ。そこから派生して、関連性の薄いプロジェクトのCCメールを鬱陶しいと言ってしまう人材も方針上NGだ。彼らはチームワークの本質を理解していない。細やかな相互マネジメントで管理コストの削減は全メンバーの必須業務だ。

    そういった方針に従えば、「休日取引先から個人携帯に連絡が来る」「打ち合わせに自分が行くしかない」状態がそもそも発生しないことになる。問題ではない。

    Permalink
    Permalink
    Permalink
    Permalink pinkpearlworld:

♡ pink monalii ♡ | via Tumblr sur We Heart It.
    Permalink
    Permalink 2dicon:

「眼鏡ツインテかぜ」/「鈴木金彦」のイラスト [pixiv]
    Permalink
    Permalink browningtons:

MALCOM WE HAVE TO COOK
    Permalink highlandvalley:

Twitter / karin05020404: 《マルフォイの成長》 悪ガキフォイ ↓ イケフォイ ↓ イケ …
    Permalink